中小消費者金融のキャッシング契約で郵送物が気になる場合は?

銀行や大手及び中小消費者金融のキャッシング契約をする際、意外に気になるのが郵送物になります。郵送物により、キャッシング契約が家族にバレることを気にする場合、郵送物の送り元名がどうなるのか、簡易書留なのか本人受取限定郵便なのか注意する必要があります。ただし、銀行カードローンの場合、あくまで銀行名が記載された封筒で郵送されるため、中身を開封されない限りバレる新お会いはありません。

また、大手消費者金融は契約手続きにインターネットや無人契約機を利用することで契約書類の郵送を回避出来る他、カードレス対応やカード自体を無人契約機で受け取ることで郵送物による不安が無くなります。

一方で、知名度の低い中小消費者金融のキャッシング契約を行った際、会社名は伏せて契約書類が郵送されるものの、怪しまれるリスクは残ってしまいます。中小消費者金融の場合、カードレスによる借り入れは可能なものの、あくまで証書貸付になるため、契約書が郵送および返送が生じてしまいます。

そこで契約書類の郵送を回避したいという場合は、契約書類の電磁交付に対応しているかどうか、またはコンビニなどのマルチコピー機により受け取りが可能か確認することが家族にバレるリスクを低くします。

近年では、セブンイレブンのマルチコピー機から契約書類を受け取ることが出来る中小消費者金融もあり、契約時の郵送物がないキャッシング契約も増えつつあります。