キャッシングやカードローンは銀行と消費者金融で違いはあるのか

借入をする際に迷うのが、銀行系のサービスか、消費者金融のサービスではないでしょうか。キャッシングやカードローンは利用する会社によって、審査基準や、限度額、金利などに違いが出てきます。同じようなサービスを展開している銀行と消費者金融でも、様々な違いがあるので、それぞれを比較して検討してみるようにしましょう。

銀行と消費者金融の大きな違いの一つとしては総量規制が有るか無いかの違いがあります。総量規制が有る場合では、年収の三分の一以内の限度額で利用する事が出来るようになりますが、消費者金融のキャッシングなどには総量規制が適用される事になります。

銀行のサービスには適用されないので、より多くの借入が出来ると言えるでしょう。しかし銀行の場合は審査基準が、消費者金融よりも厳しく、審査に通るのが難しい場合があります。審査に自信がない場合は消費者金融に申し込んだ方が安心と言えるでしょう。

また総量規制があるので、借りすぎを未然に防ぐ事にもつながるので、総量規制はデメリットだけではありません。また気になるのが金利の違いではないでしょうか。金利を比べると銀行の方が低金利になっているので、魅力を感じる方もいるでしょう。このような違いを比べた上で、どちらを利用するのか決めるようにしましょう。