主婦がキャッシング契約を行う際に抑えておきたいポイントは?

急に現金が必要になった際、非常に便利なものとしてカードローンがあります。家電製品が急に壊れた、高額な医療費が発生したという場合において、家計に貢献してくれます。

特に家計の管理を行う主婦にとっては、1社でもキャッシング契約を行っていたいところです。しかし、主婦と言っても、『専業主婦』と『アルバイトやパート勤務の主婦』がいます。

実際には、専業主婦はキャッシング契約が出来ない消費者金融が多くあります。その理由としては、『安定した収入があること』と契約条件が定められており、専業主婦の場合においては無職という扱いになり、収入が無いことになります。一方でアルバイトやパート勤務の場合は、少額ながら融資を受けることが出来ます。

先ず、抑えて置きたいところは消費者金融でキャッシング契約をする際、専業主婦は申し込みを避けることです。この点については、個人信用情報機関に情報照会が行われてしまい、審査記録が半年間残ってしまいます。

次に主婦にオススメしたいポイントとしては、銀行のカードローンで専業主婦でも利用出来るものを探すことです。以外にこの点については、大手メガバンクの申し込み条件が厳しいのが実態ですが、楽天銀行のカードローンであれば、専業主婦でも融資を受けることが可能です。